病院で入院中でも速度制限を気にせず使えるおすすめのレンタル用ポケットWiFi

入院をしたときの悩みは「暇であること」です。病院内ではできることも限られていますし、本を読むにしても頭を使うので疲れてしまいます。そうなるとスマホで時間潰しをすることになりますが、普段と違ってずっとネットに接続しているので、あっという間にギガ不足になります。

ギガ不足にならずに、インターネットを楽しみたいというのであれば、短期間で借りることができるレンタル用ポケットWiFiがおすすめです。

ただし「ポケットWiFi レンタル」で検索すると、たくさんのサービスが出てきてどれを選んでいいのか分かりません。そこで、ここでは入院に最適な、速度制限を気にせずに使えるおすすめのレンタル用ポケットWiFiをご紹介します。

入院中にポケットWiFiやスマホを使ってもいい?

病院で利用するレンタル用ポケットWiFiをご紹介する前に、まずはとても重要なポイントについてお話しておきます。病院はスマートフォンなどの携帯電話を使ってはいけないというイメージがありますが、実際のところはどうなのか気になっている人も多いかと思います。

スマホや携帯電話は電波を発するため、医療機器に何らかの影響を与える可能性があるため、以前はどの病院でも使用禁止としていた時期がありました。ところが、最新のスマホは微弱な電磁波しか発せず、医療機器も電磁波対策が行われているため、ほとんどの病院で使用できるようになっています。

ただし、入院中に使用していいかどうかの判断は、病院ごとに違います。このため、入院中のポケットWiFiやスマホの使用に関しては、必ず病院側に確認しておく必要があります。

・使用可能エリア
・使用可能時間

入院前にはこの2点を確認しておきましょう。また、周りの人に迷惑をかけないように、使用可の場合でもイヤホンを着用して、音漏れしないように気をつけてください。大部屋ではマナーモードに設定し、通話は廊下などで行うようにしましょう。

基本的にはマナーさえ守っていれば、ポケットWiFiもスマホも利用可能です。念のために入院前に問題ないことを確認しておいてから、レンタル用ポケットWiFiの申込みをしてください。

病院に入院中に使えるおすすめのレンタル用ポケットWiFi

レンタル用ポケットWiFiといっても、サービスの数も多く、サービスごとのプランも多いため、どれを選んでいいのか分かりませんよね。選ぶときのポイントは次のようになります。

・データ容量無制限
・通信速度制限なし
・低価格であること

この3点のうち気をつけなくてはいけないのが、通信速度制限です。データ容量無制限でも1日1GBで通信速度を制限されるプランもあり、その場合にはYouTubeを2時間程度見ただけで、上限に達してしまいます。

ところが通信速度制限がまったくないプランになると利用料金も高く、選択肢も限られてしまいます。このため、1日10GB程度での通信速度制限は許容範囲内と考えておきましょう。10GBもあれば20時間も動画を見ることができます。

この条件を満たす、おすすめレンタル用ポケットWiFiを6つご紹介しますので、選定するときの参考にしてください。

NEXTAGE

・17時までの申込みで最短翌日お届け
・実店舗なら最短5分でお渡し
・ポスト返却に対応

NEXTAGEはスピーディーな対応が特徴のレンタル用ポケットWiFiです。17時までに申込みをすれば翌日に受取ることができ、さらには全国16の店舗で受取ることもできます。このため、急に決まった入院であっても利用可能で、ポスト返却にも対応しているため気軽に利用できます。

プランがかなり多く用意されていますが、入院に適しているのはソフトバンク回線を利用する無制限プランの3つで、いずれも通信速度制限はあるものの1日10GBですので、大容量のデータをダウンロードしないかぎり、制限されることはありません。

動画を見るだけなら最も安いFS030Wがおすすめですが、オンラインゲームなどを楽しみたいのであれば、回線速度の速い601HWを選びましょう。

無制限プラン:ソフトバンク 601HW(無制限)
1週間借りたときの総額:5,550円(税抜)
レンタル料金:1日650円
貸出時送料:500円
返却時送料:500円
回線速度:612Mbps
通信速度制限:10GB/日

無制限プラン:ソフトバンク 501HW(無制限)
1週間借りたときの総額:4,360円(税抜)
レンタル料金:1日480円
貸出時送料:500円
返却時送料:500円
回線速度:187Mbps
通信速度制限:10GB/日

無制限プラン:ソフトバンク FS030W(無制限)
1週間借りたときの総額:4,290円(税抜)
レンタル料金:1日470円
貸出時送料:500円
返却時送料:500円
回線速度:150Mbps
通信速度制限:10GB/日

HP:https://www.netage.ne.jp/wifi-rental/

WiFiレンタルどっとこむ

・病院への宅配も可能
・コンビニで受取りができる
・国内WiFiレンタルNo.1

WiFiレンタルどっとこむは病院への宅配も行っていますので、即日入院であっても利用できるレンタル用ポケットWiFiです。さらに、仕事が忙しくて受取るのが難しいという人のためにコンビニでの受取りにも対応しています。

国内WiFiレンタルNo.1で、利用者がとても多いサービスです。このため、サポート体制もしっかりしているため、初めてレンタル用ポケットWiFiを利用するという人でも、安心して申し込みできます。

端末の種類ごとのプランが用意されていますので、どれを選んでいいか迷いそうですが、無制限かつ通信速度制限が10GB/日となると、ソフトバンク回線に絞られます。いずれもレンタル料金は同じですので、超高速通信に対応している「SoftBank E5383 無制限」がおすすめです。

無制限プラン:SoftBank E5383 無制限
1週間借りたときの総額:4,064円(税込)
レンタル料金:1日432円
貸出時送料:540円
返却時送料:510円
回線速度:300Mbps
通信速度制限:10GB/日

無制限プラン:SoftBank 303ZT 無制限
1週間借りたときの総額:4,064円(税込)
レンタル料金:1日432円
貸出時送料:540円
返却時送料:510円
回線速度:187.5Mbps
通信速度制限:10GB/日

無制限プラン:SoftBank 501HW 無制限
1週間借りたときの総額:4,064円(税込)
レンタル料金:1日432円
貸出時送料:540円
返却時送料:510円
回線速度:187.5Mbps
通信速度制限:10GB/日

無制限プラン:SoftBank GlocalMe 無制限(国内)
1週間借りたときの総額:4,064円(税込)
レンタル料金:1日432円
貸出時送料:540円
返却時送料:510円
回線速度:150Mbps
通信速度制限:10GB/日

HP:https://www.wifi-rental.com

グローバルモバイル

・プランが1つだけで迷うことがない
・実質通信速度制限なし
・返却は翌日の消印でもOK

グローバルモバイルはソフトバンクのポケットWiFiをレンタルしているサービスで、プランが1つしかありませんので、どれを選んでいいのか迷うことがありません。利用する端末は501HWもしくは601HWですが、いずれもプラチナバンドに対応しており、高速通信が可能です。

通信速度制限は1ヶ月で250GBに設定されていますが、1〜2週間程度の入院であれば制限に引っかかることはまずありません。実質無制限で利用できると考えてください。

17時までの申込みで翌日の午前中には受取ることができ、さらにポスト返却に対応しています。返却はレターパックを使用しますが、翌日の消印でもOKとなっていますので、自宅に戻って落ち着いてから返却できます。

1週間借りたときの総額:4,440円(税込)
レンタル料金:1日480円
往復送料:1,080円
回線速度:187.5Mbps
通信速度制限:250GB/月

モバイルレンタルWiFi

・送料無料
・レンタル期間が長いほど安くなる料金設定
・平日16時までの注文で当日出荷

モバイルレンタルWiFiは、送料無料でトータル費用を抑えたレンタル用ポケットWiFiです。レンタル料金そのものは他社とそれほど変わりませんが、他社では1,000円程度かかる送料が不要ですので、結果的にトータル費用が下がります。

1日ごとのレンタルではないため、2〜3日の入院ですと割高になりますが、1〜2週間以上の入院の場合には、他社と比べてかなり安く借りることができます。また、平日16時までの注文で当日出荷をしてもらえますので、最短翌日には受取ることができます。

プランはいくつかありますが、入院で使うならSoftbank 304HWのプランで、1ヶ月で90GBの制限がありますが、2週間程度までの入院であれば、速度制限がかかることもまずありませんので、安心して利用できます。

無制限プラン:Softbank 304HW
1週間借りたときの総額:3,486円(税込)
レンタル料金:1日498円(無制限)
往復送料:0円
回線速度:612Mbps
通信速度制限:90GB/月

NOZOMI WiFi

・用途に合わせて選べるプラン
・1週間レンタル時の総額が2,980円と格安

NOZOMI WiFiは月単位のレンタルWiFiをメインに行なっているため、1日ごとの契約がありません。それでも1週間プランなら送料込みで2,980円と格安です。とにかく安くポケットWiFiを借りたいという人におすすめのサービスです。

1週間だけでなく2週間のプランも初期手数料がかかりませんので、2週間までの入院時に適しています。ただし、端末の到着までの2〜3日かかりますので、急な入院には利用できません。入院までに時間の余裕がある場合に利用しましょう。

無制限プラン:1週間プラン
1週間借りたときの総額:2,980円(税抜)
レンタル料金:1週間1,980円
往復送料:1,000円
回線速度:150〜612Mbps
通信速度制限:なし

WiFiレンタルe-ca

・病院への発送にも対応
・最短翌日受取り
・モバイルバッテリーのレンタル無料

WiFiレンタルe-caは、空港・自宅・病院などどこでも受取ることができるレンタル用ポケットWiFiです。緊急入院が必要になったときでも、入院して落ち着いてからの申込みが可能です。もちろん即日発送してもらえますので、翌日の受取りも可能です。

無制限で利用できるポケットWiFiは、超高速通信対応(300Mbps)のSoftBank E5383ですので、動画はもちろんのこと、応答速度が重要なオンラインゲームでも、タイムラグを気にせずに楽しむことができます。

ポケットWiFi本体以外にも、ACアダプターやモバイルバッテリー、無線子機などのレンタルも行っており、モバイルバッテリーは無料で借りることができます。

無制限プラン:SoftBank E5383 無制限
1週間借りたときの総額:3,564円(税抜)+返却時送料
レンタル料金:1日432円
貸出時送料:540円
返却時送料:自己負担
回線速度:300Mbps
通信速度制限:10GB/日

入院中にポケットWiFiを使うときの注意点

入院中の暇つぶしにとても便利なレンタル用ポケットWiFiですが、病院というイレギュラーな場所で使うことになりますので、使用時には下記の3点に注意してください。

・必ず病院で使用許可をもらう
・できるだけ窓に近い場所に端末を置く
・病院受取りの場合には事前に病院に確認しておく

それぞれどのような点に注意すればいいのか見ていきましょう。

必ず病院で使用許可をもらう

すでにお伝えしましたが、とても重要なポイントですので再度書いておきます。入院中にレンタル用ポケットWiFiを利用する場合には、必ず病院の許可をもらってください。許可といっても確認するだけで構いません。

そのときに、病院のどこで使ってはいけないかなどの確認もしておきましょう。病院にはたくさんの医療機器があり、それらの医療機器近くでスマホやポケットWiFiを利用すると、影響が出ることもあります。使っていい場所とそうでない場所のメリハリをつけて、病院で定められたルールは必ず守ってください。

できるだけ窓に近い場所に端末を置く

病院はとても頑丈に作られているため、通常の建物よりも電波が届きにくいという特徴があります。電波が届きにくいと端末は、より強い電波を出して通信しようとします。これによって医療機器に影響を与えることもありますし、何よりも回線速度が安定しません。

レンタル用ポケットWiFiは、できるだけ窓際に近い場所に設置しましょう。ただし大部屋の場合には、他の人に迷惑にならない場所を選んで置くようにしてください。そのような端末があることで不安に感じる方もいますので、原則として自分のスペース内に設置してください。

●病院受取りの場合には事前に病院に確認しておく

ご紹介したレンタル用ポケットWiFiのうち、いくつかは病院での受取りに対応しています。ただし、病院側が受取れる体制になっていないケースもありますので、病院受取りにする場合には、担当の看護師さんに病院での受取りの可否を確認しておきましょう。

まとめ

退屈になりがちな入院生活。スマホで暇つぶしをするにしても、すぐにギガ不足になって、容量制限や速度制限でストレスを感じることになります。このため、1週間以上の入院をするのであれば、レンタル用ポケットWiFiを活用しましょう。

1週間程度なら5,000円以下で借りることができ、無制限でインターネットを楽しむことができます。ネットに繋がりさえすれば、動画やSNS、オンラインゲームなど暇つぶしになることがいっぱいあります。PCがあれば簡単な仕事もできてしまいます。

ただし、入院は治療や回復のためにするものですので、しっかりと体を休めることも忘れないようにしましょう。