「共同化科目担当者会議」

  平成26年度から開始される教養教育の共同化について、担当者会議を開催しました。当日は、京都工芸繊維大学、京都府立大学、京都府立医科大学の三大学より、52名の教職員が参加し、意見交換を行いました。

 まず、小沢 修司(京都三大学教養教育研究・推進機構リベラルアーツセンター長、京都府立大学)より、「共同化科目の目的・方針(案)」と「共同化科目一覧(案)」が提示されました。その後、「共同化科目一覧(案)」に記載された「カリキュラム・マップ」について、意見交換が行われました。

 引き続いて、共同化科目の事例報告が6つ行われました。自大学の学生のみならず、三大学の学生を対象にした共同化科目を担当する場合、各科目において、どのような工夫や配慮が求められているかについて、意見交換が行われました。

プログラム

平成25年9月25日(水) 13時~16時

京都工芸繊維大学 総合研究棟4階 多目的室

1.開会挨拶                                           森迫 清貴 (京都工芸繊維大学 )

2.趣旨説明                                           築山 崇 (京都府立大学)

3.教養教育共同化科目についての報告                小沢 修司(京都府立大学)

 (1)共同化科目の目的・方針(案)

 (2)共同化科目一覧(案)

4.共同化科目事例報告

 (1)「現代社会とジェンダー」

                                                                                         小沢 修司(京都府立大学)

   (2)「エネルギー科学」

                                                                                         林 哲介(京都三大学教養教育研究・推進機構)

 (3)「京の意匠」

                                                                                        並木 誠士(京都工芸繊維大学)

 (4)「人間学」

                                                                                        棚次 正和(京都府立医科大学)

 (5)「人と自然と数学」

                                                                                        大倉 弘之(京都工芸繊維大学)

 (6)「リベラルアーツゼミナール」

  (「社会科学の基礎」、「現代社会と映画制作」、「問う力 書く力」)

                                                                                       児玉 英明(京都三大学教養教育研究・推進機構)

5.意見交換

6.閉会挨拶                                           築山 崇 (京都府立大学)

「共同化科目担当者会議」の様子